徒然select diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲しみを乗りこえて

<<   作成日時 : 2007/10/02 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジル・マリ−・ランディスのトワイライト・コ−ヴ シリ−ズ
第2作目、「悲しみを乗りこえて  Heat Wave」 です 

今作のヒロイン カ−トは、前作ではク−ルビュ−ティ−という印象がありましたが、
そうなってしまった理由がこの2作目で明らかにされます。

1作目に劣らず、2作目もよかったですよ〜 (*^_^*)



〜あらすじ〜

カリフォルニア・ロングビ−チの私立探偵カ−ト・ヴァ−ガスは、浮気調査中トラブルに巻き込まれ、手に怪我を負ってしまう。
仕事漬けの日々を送っているカ−トに対し、かつての仕事上のパ−トナ−、ジェイクから、もっと人生を楽しめと助言され、6週間彼が家族と休暇で出かけている間、留守番がわりにトワイライト・コ−ヴにある彼の自宅へきて、静養するようにと言われる。
気が進まないながらも渋々承知したカ−トのもとに、ある日、一人の男が訪ねてくる。彼の名はタイ・チャンドラ−。
ここトワイライト・コ−ヴの開拓者の子孫である彼は、高校卒業後この土地を離れ、これまでの19年間、アラスカでずっと暮していた。それが3か月前に、母からの電話で母に死期がせまっていることを知らされ、戻ってきていたのだった。その時に母から、彼には19歳になる子どもがいると告げられる。高校時代の恋人、エイミ−との間の子だと言う。しかしエイミ−はドラッグに溺れ、高校卒業前に家出して、彼のもとから去ってしまっていた。
そんなわけで、今はどこにいるのかわからない子供を見つけ出して欲しいと、タイはカ−トに依頼しにきたのだった。
仕事からしばらく離れているべきだとジェイクから説得されていたカ−トは、いったんは依頼を断ったものの、タイの魅力に惹かれたのと、何よりも子供を探したいという願望の強さに動かされ、引き受けることにする。
調査の結果、子供は娘で、名前はサニ−だということがわかる。
しかし、麻薬更生施設とは名ばかりの場所でエイミ−はサニ−を産み、その後サニ−が11歳のときにエイミ−は麻薬の過剰摂取で死亡する。そしてエイミ−の死後、施設は摘発され、サニ−も行方知れずになってしまっていた。
タイとカ−トは調査を進め、サニ−がハリウッドのあまりよくない地域に住んでいることをつきとめ、会いに行く。しかし、父親と名乗るタイの突然の訪問にサニ−は疑い、タイは追い返されてしまう。
落ち込むタイのもとに、数日後、サニ−が突然姿を現す。腕には赤ちゃんを抱いて・・・・。





泣けました 
カ−トの仕事ひとすじで、男性と深く関わることを避けてきていた理由があまりにも残酷で、読んでいて切ないほどでした。

まだ若かったころに愛する人に裏切られ、そしてただ裏切られただけではなく、心と身体に傷を負ってしまうんです。
事故によって二度と子供が産めない身体に・・・。
そのため、タイのもとにやってきた、サニ−が連れてきた彼女の娘、アリスに対してとても動揺します。かつて自分が望んでいたもの、夢見ていたすべてがよみがえってきてしまうんですね。
そして、タイも娘と孫と一緒に暮らし始め、カ−トとの関係も深めていきたいと気持ちを強めていきます。でも、カ−トは自分にはタイが望むようなものを与えることができないため、どうしようもなく惹かれているのに、彼の気持ちを受け入れることができないんですね。そのカ−トの気持ちを思うと、本当に心が引き裂かれる思いでした。

カ−ト自身もつらい過去がありますが、19歳という若さで子供を抱えたサニ−にもまた、つらい現実が実はあります。でも、自分の娘を守るために強く生き、そのうえ、今直面しているつらい現実に向き合っていこうとするサニ−は、本当に立派でしたね。
そして、その彼女を大きな父親の愛で支えるタイもまた、素晴らしかったです。


1作目でも、中心は家族というものの愛、様々な人との間の想いがとてもよく描かれていましたが、2作目も同様に、それがたくさん溢れた作品となっていました。
本当に優しさが心に沁み入るように伝わってくるんですよね 
やっぱりこの作家さん、好きだなあ〜と思いました (*^_^*)


そして、現在ハワイに在住しているジル・マリ−・ランディスというだけあって、ハワイ出身という設定の、カ−トのエキゾチックな雰囲気や
ハワイの描写が、ゆったりとした雰囲気とともに漂ってくるような感じ(笑)でしたし、そのハワイの雰囲気と、このトワイライト・コ−ヴのもつ空気がとても心地よかったです 


タイの友人のRJが個人的にはとても気になっているんですけど、
彼がヒ−ロ−となってくるスピンオフはないのかな・・?
あとがきを読むと、次の3作目でこのトワイライト・コ−ヴシリ−ズは完結するようなことが書いてあったのですが、ジルのHPを見た感じでは、どうやら別の人物たちが主役のようなんですよね。
ぜひ、彼が主役のが読んでみたいです〜 (*^_^*)




悲しみを乗りこえて (二見文庫 L 10-2 ザ・ミステリ・コレクション)悲しみを乗りこえて (二見文庫 L 10-2 ザ・ミステリ・コレクション)
ジル・マリー・ランディス 橋本 夕子

二見書房 2007-01
売り上げランキング : 265826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools









私のショップからご案内♪

これからの季節、バスタイムがより楽しくなってきますよね 
ちょっとお家でエステ気分を味わってみてはいかがですか?

今日ご紹介するのは、岩盤浴グッズです (*^^)v

ピロ−タイプと座布団タイプの2種類ですよ〜 


デトックストーン岩盤浴 ぴロー

デトックストーン岩盤浴 ぴ…

販売価格¥2,520

4種類の温浴石をブレンド。体を温め汗を出してスッキリ!自宅で手軽にゲルマニウム温浴!しっかり汗をかいてリフレッ…

商品詳細ページへカートページへ



 
デトックストーン岩盤浴 円座 

デトックストーン岩盤浴 円…

販売価格¥3,990

4種類の温浴石をブレンド。体を温め汗を出してスッキリ!自宅で手軽にゲルマニウム温浴!しっかり汗をかいてリフレッ…

商品詳細ページへカートページへ

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
悲しみを乗りこえて 徒然select diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる